ペルソナとは

人間力を創造する教育空間

ペルソナでは、偏差値を上げるためだけの詰め込み型の教育ではなく、各授業及び受験指導に加え、面談・躾指導・教養セミナー等を実施し、時代や社会に即応した生き方のできる、「人間力」豊かな人材の育成を目指しています。

ごあいさつ

~混迷の時代を生きる子供達~

21世紀は、どのような時代でしょう。西洋文明の価値観に基づいてつくられてきた人間の諸文化は、飢餓・環境破壊・富の偏在等、多くの問題を抱えて行き詰まっております。我々が生活する日本においても、従前は誰もが信じて疑わなかった学歴社会(少しでも偏差値の高い学校に進学することが、その後の幸福につながるという考え方をもっている社会)が、大企業の倒産、官僚の不祥事による権威の失墜等により、大きな変容を遂げつつあります。

ところが、民間教育機関の一つである塾は、あたかもこれからも厳然として学歴社会が続き、偏差値を上げること、入試で成功させることのみが自分たちの使命であるがの如くチラシ等の中で謳っています。

確かに「知識」を正しく理解させそれを身につける手助けをすることは、本人の考える幅が広がり、また、判断の材料が増える分、それはいわゆる教育の尊い仕事の一つかも知れません。しかし、民間教育機関の仕事が、偏差値を上げ、受験テクニックを教え、その結果としてどこの学校へ何人合格させた、というだけでは、明らかに片手落ちではないでしょうか。

古今一流の教育者といわれる人達(例えば吉田松陰 森信三等)は、時代に即応し、社会に対応した生き方ないし「生きる力」を教え、引き出してきました。そこで育まれた「生きる力」つまり「人間力」の豊かな人材が、次の時代を担う先駆者となって社会を変革してきたのです。価値観の安定している時代の生き方、そして、そこで求められる知識。逆に、今のように価値観が混乱し先が見えにくくなっている時代の生き方、そして、そこで求められる知識。それらは、明らかに異なるはずです。

私共は、このような認識の上に立って、私塾として従前の民間教育機関の教育を進化させ、それにプラスして「生きる力」を培う為に、人としての躾、人間関係における礼節、そして、実地体験学習などを導入し、文字どうり生の時代に即応できる「人間力」をつけるお手伝いをさせて頂きたいと考えております。大いに期待して下さい。

学習塾・進学塾
PLSスクールペルソナ代表 中村秋津久

埼玉の社長.TVに出演(動画あり)

ペルソナの特色

各教科の授業及び受験指導に加え、下記の様な面談・躾指導・教養セミナー等を実施し「人間力」をつけるお手伝いをさせて頂いております。

●コミュニケーションの徹底

入試分析・入試情報を提供するだけの無味乾燥な保護者会を否定し、ビジュアル化したプレゼンテーション感覚で充実した保護者会を実施致します。
保護者面談では、単に勉強の話題だけではなく、生徒様の将来の生き方、方向性についても、日常の様子、ご家庭でのご希望をふまえて、提案させて頂きます。

●躾指導の実施

躾の三原則
■あいさつは人より先に
■ハイと返事は元気よく
■履物はきちんと揃え、椅子は机の下に入れる

躾指導を徹底し、更に授業前数分間は、立腰(腰を立てること)、黙想を行うことによって生命力を活発化させ、心身を鍛練します。

●教養セミナーの実施

自分の将来の方向性を決めるためには、社会の様々なことに視野を広げ、いろいろな選択肢を持つことが重要です。また、最近の英語、国語あるいは小論文の題材は、環境問題、教育論、福祉問題など多岐に渡っております。そのような内容はとても入試問題だけを扱っても対応できません。

「より広い視野で、将来に向かって進んでいってほしい」そんな理由から生まれた企画です。

<今までに実施されたセミナー>
※一部ご紹介いたします。
■「これからの教育」…小川義男氏(狭山ヶ丘高校校長)
■「めざそう宇宙、守ろう地球」…菊地紀彦氏(宇宙開発事業団研究員)
■「私は誰?」(哲学論)…横山紘一氏(立教大学教授)
■「住まいと健康」(建築論)…安藤勝男氏(安藤木材代表)
■「お酒と健康」…五十嵐智勇氏(五十嵐酒造代表)
■「能の世界」…勝海登氏(能楽師)
■「日本文化とアメリカ文化」…リチャード・オストロフスキー(英会話教室代表)
■「日本の教育のこれから」…内田正信(私立富士見中学高等学校教諭)

ニュース

2017年4月27日
ニュースタイトル