日本の教育について考える④

おはようございます

2017年1月30日月曜日

唯一無二の今日一日です。

大切な大切な今日一日です。

慈しんで、十分味わって

過ごさせていただきましょう。

今日も一日よろしくお願いいたします。

中村秋津久
今日のテーマ

【番外編ー徒然なるままにー㉓】です。

~~~~~~~~~~~~~~~

ー日本の教育について考えるー④
(世界の巨人を唸らせた日本人)

前回は

次のような

ことについて

ご説明させて

頂きました。

「戦前の

日本人が

感性の鋭い

世界的な教養人

世界的な知性人

(詩人の

ホイットマンや

あの相対性原理の

物理学者

アインシュタイン)から

畏敬の念をもって

見られていた

ということなどについて

ご紹介させて

頂きました。

では

何故

戦前の日本人は

それほどまでに

人間としての

評価が

高かったのでしょうか!

さて皆さま

ご存知でしょうか

今日本の社会に

勉強もせず

仕事もせず

仕事に就く

準備さえもしない

【ニート】と呼ばれる

青少年が

85万人も

いるということを!

それだけではなく

他人との

接触を避け

家族とも

交わろうともせず

【自分の世界】だけで

呼吸をしている

【引きこもり】と呼ばれる

人々が

163万人も

いるということを!

このニートや

引きこもりが

犯す

殺人や

傷害事件が

頻発しております。

一昨年も

記憶に新しくは

22歳の

【引きこもり】

近所に住む

小学校5年生の

男の子を

刃物で

十か所以上刺して

殺してしまった

悲惨な事件が

ありました。

テレビや

ニュースを

見ていると

精神科医や

心理学者を

招いて

分析してみたり

解説してみたり

カウンセリングの様な

ことを行ったり

しております。

これらの問題の

解決法として

日本の教養人?

日本の識者?

の考え方の

方向性が

変わらない以上

今後は

日本の

50倍

いや

60倍居ると

言われている

アメリカの

精神カウンセラー

の数に

日本は

追随して

行くのでしょうか!

私は

いくらお金をかけ

カウンセラーの数を

増やしたとしても

ニート等の

社会問題は

解決は

しないと思うのです。

では

ニート等の

社会問題の

原因は

何処にあるので

しょうか!

答えは

明瞭です。

これらの問題が

出てきたのは

すべて

戦後です。

昭和二十年を

境に

日本の社会の

根源的なものが

変化し

この今の

惨憺たる

社会の現状を

もたらしたのです。

その

根源的に

変化したものは

何かというと

それは

真の【道徳教育】の

変化です。

今これが

決定的に

欠落しているのです。

制度として。

決定的に!!」

今日は

ここからです。

昭和二十年

日本に

進駐してきた

マッカーサーは

かつての日本の

教育勅語等による

人間教育

日本人教育

道徳教育

などを

徹底的に

排除してきました。

そしてその代わりに

「子供の人格を

尊重し

自由に

伸び伸びと

育てる」

という

美辞麗句で

国民を

喜ばせ

そして

その論理で

国民を

納得させて

日本人としての

誇りを

失わせるような

教育を

施して

来たのです。

結果は

どうでしょう!

先々の

日本の存在を

危うくするような

ニート等の存在と

真の教養人

真の知性

からしたら

眼を

覆いたくなるような

無気力で

礼節を知らず

毅然とした

日本人としての

プライドさえ

全く感じさせない

多くの若者たちの

存在

そして

全く理解不可能な

残虐な

事件の

数々。

彼らには

ほとんど責任は

ありません。

受ける教育

を選ぶ

力は

弱小の

彼らには

無かったからです。

日本の

著名なる

教養人たちが

引いたレールに

彼らは

乗らざるを

得なかったのですから。

そして、

その日本の

選ばれた?

日本の

知性を

代表する

ような?

人たちが

国際化に

対応するには

どうしたらよいか

知恵を絞った

結果が

【小学校に

英語教育を】

という

驚くべき

結論を

出したのです。

では何故

この結論が

驚きに値するのかは

次回に述べさせて

いただきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~

(写真は友達からお借りしたものです)

(昨年の7月11日の投稿をリニューアルしたものです)

最後までお読みいただきありがとうございます。

中村秋津久九拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です